初心者向け

初心者向けの運用方法

投稿日:

この記事では、今からFXを始めようと思っている初心者向けにおすすめのFX運用方法を紹介します。

FXではどんなに対策を練っても負けて損をするリスクが伴います。
なので、可能な限りリスクを回避しつつ、ご自身のペースに合わせた投資方法を学んでいきましょう。

知らないうちに損をしてしまっていた!なんて事を避けるためにも、事前知識は非常に重要になります。

【スワップポイント益で長く利益を出す】
スワップポイントとは、2つの国の通貨の金利差のことを指しています。
通貨の金利は日々変動し、ベースは各国の中央銀行が決める政策金利となっています。

ちなみにFX業者が提示しているスワップポイントは、FXの取引単位である1万通貨分の1日の金利差になります。

FXでは通貨を安く買って高く売る、という方法以外にこの「通貨の金利差」で収益を得る事が可能です。

例えば「A社の米ドル・日本円のスワップポイント」が売Swap -25円、買Swap 23円だとしましょう。

このケースでは、米ドルを1万ドル分購入し翌日まで持っているだけで、23円の金利差益が貰えるという事になります。

この金利差益は、低金利の通貨を売り高金利の通貨を得たことから発生する利益です。
この方法では一気に利益を得る事は出来ない代わりに、定期的にコツコツした利益を得る事が出来ます。

※売Swap=買Swapとならない理由は、FX業者が手数料を取っているからです。

【損するリスクの回避方法】
FX取引は、少ない証拠金にレバレッジをかける事で証拠金の何十倍~何百倍の取引をする事ができる事はすでに説明しましたが、大きな利益を得られる反面、少ない証拠金で証拠金以上の損失が発生する場合もあります。

FXをやる上で必ず意識して欲しいのが

マージンコール
ロスカット

この2つになります。

マージンコールとは、預けている証拠金の残高が一定の水準を超えた時に、FX会社が一定の損失を超えないように警告してくれる合図、のようなものです。

ロスカットとは、大きな損失を事前に防ぐため、強制的に取引を終了させてくれる本当に有難いシステムです。

この2つは、FX業者によって違うルールを敷いている所もあるので、事前に確認するようにしてください。

「生活にダメージを与える額の損失を出してしまった」という事を防ぐためにも、事前にロスカットをしっかり設定する事で、証拠金の金額以上の損失を受けないように出来ます。
また、ロスカットはもちろん、予め逆指値注文など自分のタイミングで自動で決算してくれるシステムもあるので、こちらも活用していきましょう。

【いきなり始めるのではなく、まずはデモトレードから】
FXのページを見た事がある方はご存知かもしれませんが、「デモトレード」というものが存在します。

実際にお金を使わずに、仮想通貨を利用しFXの疑似体験が出来る口座の事です。

デモ口座の開設は誰でも無料で出来るので、いきなり実際のお金でFXを始めるのではなく、初心者はまず「デモトレード」でFXの練習をやってみましょう。

またデモトレードを行うメリットとして、各FX業者が提供しているツールの使い心地が確認できるので、(いないとは思いますが)実際に取引を始めてから使い方が分からない!という事態を防ぐ事が可能です。

ツールの使いやすさや画面の見やすさもFX取引を行う上で重要なポイントになってきます。

ほとんどのFX業者がこのデモトレードを提供しているので、自分に合ったFX業者を探す意味でも、沢山の業者のデモトレードに申し込んで実際に触れてみる事をおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です