FXの利益

FXをやる上で魅力的な2つの利益

【キャピタルゲイン】
例えば1ドルが100円のときに、100,000円で1,000ドルを購入したとします。
1ドルが110円になる円安のタイミングになると、持っていた1,000ドルは110,000円で交換ができるので、利益を得る事が出来ます。

反対に1ドルが90円の円高のタイミングになると、持っていた1,000ドルは90,000円でしか交換できず、逆に損をしてしまいます。

 

【インカムゲイン】
例えば日本の金利が0.5%、ドルの金利が5.5%だった時にドルを買うとしましょう。
5.5%(ドルの金利)-0.5%(日本の金利)=5%

この計算式から、ドルを持っているときは、常に5%の金利が貰えるという事がわかります。
反対にドルを売り、円を買った場合は、年利として5%を支払わなくてはいけません。
この金利差を「スワップポイント」と呼び、持っている通貨の日数分のスワップポイントを受け取る事が可能です。

【スワップポイントとは?】
日本の金利は世界的に見て超低金利で、限りなく0%に近い状態で推移しています。
一方で世界に目を向けると、米ドルで2.0%、ユーロでは4.0%など、高金利の通貨があるのです。

スワップポイントとは、低金利の通貨を売って、高金利通貨を買うことで得られる金利差、のことを表しています。

【スワップポイントのまとめ】
例えば日本の金利が0.1%
オーストラリアドルの金利が4.5% だったとします。
4.5%(オーストラリアドルの金利)-0.1%(日本の金利)=4.4%

もうお分かりかと思いますが、オーストラリアドルを買うと、4.4%の金利が貰えるということになります。
逆にオーストラリアドルを売って円を買うと、4.4%の金利を支払わなくてはいけません。

【スワップポイントで稼ぐにはFX業者の見極めが大切】
FX業者によって、スワップポイントの設定金額は異なっています。

A社:米ドル/円のスワップポイントが8円
B社:米ドル/円のスワップポイントが5円

これを365日(1年)預けた場合に得られるスワップポイントの金額は

A社:8円×365(1年)=スワップ金利2920円
B社:5円×365(1年)=スワップ金利1825円

たった3円の差ですが、1年で1095円もの利益の格差が生まれてしまうのです。

FXを始めたばかりの初心者の方は特に、スワップポイントが高いFX業者を選ぶ事も非常に重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です