このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

低速ジューサー 比較のホットな情報を確認したい場合は、
絶対にこの専用サイトがお役に立ちます。
利用者に必要な直近情報を分かりやすくご説明していますから、あなたが望んでいた
低速ジューサー比較の情報を簡単に取得できるはずです。

 

 

 

 

高速ジューサーと低速ジューサーの違いは?

 

最近、話題になっているのが低速ジューサーですが、高速ジューサーとの
違いは何なのでしょうか?

 

 

まずは、回転数、1分間に約1〜2万回転という高速でカッター刃を回転させて
食材を削り出し、削った後に繊維質と水分に分離させていくというタイプ。

 

そして、低速の場合は、1分間に数十回転という低速で回転しながら
食材を削らずに搾っていくというタイプ。

 

高速ジューサーの場合は空気がたくさん入ってしまうため、
すぐに酸化してしまうのですが、低速回転の場合、空気の混入が少なく
野菜や果物の栄養素を出来るだけ壊さず摂取することが
出来るといわれています。

 

高速回転のジューサーに比べて栄養素の破壊が少なく生きたままの酵素が
摂取できるようです。

 

だから低速ジューサーは人気が高いのですね。

 

 

人気の低速ジューサーは?

 

低速(スロー)ジューサーの人気ランキングはコチラです!
   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

2017最新クビンス スロージューサー

 

材料を小さく切る手間が不要!
投入口が大きいので、材料カットの時間を省けます。
スクリューのサイズが長いので、長い食材も投入可能です。
この2点で特許取得されているジューサーです。
小松菜もオレンジもトマトも丸ごと投入!
低速ジューサーは文字通り、食材を低速で絞るため、
ジュースが出来るまでの時間がかかってしまうのですが、
こちらのジューサーは出来上がりも早い!

 

回転数 1分間に60回転
連続使用時間 30分以内
消費電力 240W

 

 

ヒューロムスロージューサー H-AA

 

ヒューロムのジューサーは人気が高いです!
ジューサーの音の大きさが気になる方も多いと思いますが、
ヒューロムのジューサーはその点も改良されています。
ジュースだけでなく、スムージーやフローズンデザートも
作れますよ!
 

回転数 1分間に43/48回転
連続使用時間 30分以内
消費電力 150W

 

 

シャープ ヘルシオ ジュースプレッソトップ

 

お手入れの手軽さが最大の売り!
スクリューをを含めて、全て分解洗い可能だからです。
シャープのヘルシオは価格が高いですが、健康面や
使い勝手を考えるとかなりレベルの高い製品です。
健康重視の方にはおすすめできます。

回転数 1分間に32回転
連続使用時間 30分以内
消費電力 100W

 

 

※ネットでスロージューサーを購入すると、お野菜をセットにしている
店舗がいくつかあります。これはお得かもしれませんね。

 

ジューサーでジュース作ってみました!

 

 

さっそく、ジュースを作りましたが、1人分だったので、少しだけ作ってみました。

 

材料はにんじん、バナナ、レモン(レモン酢につけていたもの)

 

ジューサーをセットして、材料を投入。

 

音は思ったより大きかったです。ガ〜という音がして、少しすると

 

絞られたジュースが右側に、絞りかすが左側から出てきました。

 

にんじんは繊維が多いので絞りかすも多く出るようです。

 

バナナは皮をむいてそのまま投入したのですが、にんじんと比べると

 

時間がかかって、こちらも絞りかすの方が多くでましたね。

 

バナナの後にレモンを入れて、輪切りにしていたので皮ごとそのまま

 

投入。それで、出来上がったのが・・・

 

 

 

 

 

 

とりあえず、冷蔵庫にあったもので作ってみたので、量も少なくなってしまいました。

 

味も大丈夫かな?と少々不安でしたが・・

 

美味しくできました!

 

りんご、パイナップル、キウイ、ほうれん草、小松菜、みかん、オレンジ、
バナナ、マンゴー、アーモンド、豆、など・・
いろいろな食材でジュースに挑戦してみたいです。
食材を凍らせてから投入すれば、フローズンデザートにもなるみたいなので
こちらも挑戦してみようと思います!

 

 

絞りかすを使って!

ジューサーを使うと、絞りかすがでます。
この絞りかす、繊維がいっぱいなので、このまま捨てるのはもったいない!
いろいろな料理に使用できるようですから、ご紹介いたします!

 

◆お好み焼き
◆ハンバーグ
◆カレー
◆シチュー
◆コロッケ
◆ギョーザ
etc

 

にんじん、りんごの絞りかすを使った料理が多いようですが、
手作りパンなのどを作られる場合は、小松菜やほうれん草などの
絞りかすも使えそうです。

 

絞りかすを使った料理にも挑戦してみたいと思います!

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

続きを読む≫ 2017/07/23 09:20:23
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

先輩から「血圧の薬を飲んでいたんだけど、
ここ1ヶ月飲んでいなかったのに健康診断で
血圧が下がっていてビックリされた」という
話を聞きました。

 

理由をきくと「1ヶ月前からレモン酢を作って
毎日飲んでいた」ということでした。
レモン酢を飲み始めてから血圧の薬は飲んでいない。
とのこと・・

 

え〜、レモン酢で血圧下がったってこと?

 

さらに、話を聞いていると、その先輩のお姉さんは
便秘だったのが、レモン酢を飲み始めてから便秘が
解消されているということでした。

 

個人差はあるとは思いますが、これは試してみる価値ありそう。
と思い、さっそく作り方を聞いて、作ってみました。

 

まずは、

 

レモン

 

 

 

氷砂糖

 

 

米酢(ミツカン米酢を購入)

 

 

 

 

と100均でガラスの容器を購入。

 

それらを用意。

 

では、作りはじめましょう!

 

レモンは2個を用意。
ワックスなどがついているので、お湯をつかって、たわしで
ゴシゴシ洗いました。
(気になる方は50度のお湯に5分ほどつけておくとよいそうです)

 

レモンは1cm程度の輪切りにしました。

 

 

次に、氷砂糖180gを用意。

 

ガラス瓶の容器(煮沸消毒はしました)に、氷砂糖を入れ、次に
レモンを入れました。

 

 

 

そして、最後に米酢400mlを入れました。

 

この後、レンジで約40秒ほど加熱するとのことだったのですが、レンジに
ビンが入りませんでした。

 

 

 

どうしようかと思いましたが、いろいろ調べてみると、レンジで加熱しなくても
常温で氷砂糖がとけるまで置いておき、氷砂糖が溶けたら冷蔵庫で保存で大丈夫
のようでした。

 

2〜3日で氷砂糖はとけるそうなので、楽しみにしておきます。

 

 

レモン酢の続きはお楽しみに〜!!

 

 

簡単に市販のレモン酢もご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/06/16 13:55:16